<< 3-2「ポップス黄金時代1〜All I Have To Do Is Dream」 | main | 3-3「ポップス黄金時代1〜All I Have To Do Is Dream」 >>

スポンサーサイト

  • 2015.08.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

[レビュー]懐の深さ

今日は改めてアメリカのロックへの懐の深さを痛感する2枚のアルバムに出会いました。基礎体力の違いです。
俺はよく大型輸入盤店の試聴コーナーを利用する。そこで色んなものに出会うんだが、最初はジャケと店側がつけたポップで判断する。今日始めて知ったBo Biceってアーティストはジャケの感じとポップにある「アメリカンロック」って言葉に惹かれて聴いてみた。そしたらオーソドックスなロックサウンドが流れてきて安心すると共に、楽曲も良く非常に好感を持った。同時にこういうどっしりとしたロックをやる人間も受け取るオーディエンスも存在するアメリカはなんだかんだ言っても本場なんだなあ・・・とも思った。加えてバックの演奏もオーソドックスながらも今っぽい処理がなされていて「ウーンさすがプロフェッショナル」とうならずにいられない。情けない話だが「レベルが違う」って感じ。彼の母親は「グランドオールオープリー」で歌ってたそうです。恐るべし、カントリー。

そして更に追い討ちをかけるようにジョンメイヤーの新譜。彼はポップフィールドでビッグなアーティストだが、本人はジミヘンやレイボーンを愛するギターキッズでストラトを愛用。最近シグネイチャーモデルも出してだんだん自分のルーツに忠実なサウンドを出し始めたようだ。ま、グラミーをとったりポップフィールドでいやっちゅうほど稼いだんで、そろそろ趣味に走り始めたのでしょう。ジミヘンやレイチャールズのカバーを含んだ、ちょっと大人のブルースロックという感じでこれまたよい。リメイクでDaughtersもやってます。グッドなストラトサウンドが聞ける。加えてジャケも秀逸。こういう感じの文字ジャケって60年代には流行っていて、サーフインスト系のバンドが良くやってたデザイン。ジャズの世界でもキャノンボールアダレイもやってたな・・。とにかく「わかる人にはわかる」みたいなジャケ。ジョンメイヤーってシグネイチャーストラトのデザイン、俺と同じ事考えてたみたいだし、なんだか親しみを感じるなあ・・・。

近いうちに買お。

Bo Bice
The Real Thing
The Real Thing
  • アーチスト: Bo Bice
  • レーベル: RCA
  • 価格: ¥ 2,594
  • 発売日: 2005/12/13


ジョンメイヤー
Try! John Mayer Trio Live in Concert
Try! John Mayer Trio Live in Concert
  • アーチスト: John Mayer Trio
  • レーベル: Aware/Columbia
  • 価格: ¥ 2,356
  • 発売日: 2005/11/22


こういうのをジャケのネタにしてるんでしょう。
Out of Limits!
Out of Limits!
  • アーチスト: The Marketts
  • レーベル: Sundazed
  • 発売日: 1996/03/12
  • 売上ランキング: 322,536
Outer Limits
Outer Limits
  • アーチスト: Jerry Cole & the Spacemen
  • レーベル: Sundazed
  • 価格: ¥ 1,910
  • 発売日: 2005/07/26
  • 売上ランキング: 61,707
K-39
K-39
  • アーチスト: Challengers
  • レーベル: Sundazed Music Inc.
  • 価格: ¥ 1,910
  • 発売日: 1994/08/30


スポンサーサイト

  • 2015.08.22 Saturday
  • -
  • 12:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
recommend
categories
selected entries
archives
recent comment
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links