<< [レビュー]THE GOLDEN AGE OF ROCK AND ROLL CD紹介その31 | main | [レビュー]ビートルズ キャピトルボックスVol.2 Beatles The Capitol Albums Vol. 2 >>

スポンサーサイト

  • 2015.08.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

[レビュー]THE GOLDEN AGE OF ROCK AND ROLL CD紹介その32

今日は60年代の商業ポップの影で少しづつ注目を集めていたフォーク系のCDと変わりつつある時代を描いた映画を紹介。
まずはボブディラン。・・・・なんだけど、巷の高い評価とは裏腹に個人的にはそんなに好きなアーティストでもない。多分妙にアーティスティックな「匂い」「意味のないストイックさ」を感じるからだろう。勿論CBSから出てるし最低限の商業性は感じられるんだが、どうも「ロックしてねえ」って感じでベスト盤を5年に一度ぐらい聞く機会があるかないか・・・みたいな感じだ。しかも聞くのも歌詞が個人的に好きな「ライクアローリングストーン」とシンプルなコード進行の名曲「風に吹かれて」のみ・・・なのであまり解説できる立場でもなかったりして・・・。だからサラッとベスト盤を紹介。

全体的によく出来た音楽だ・・とは思いますが、個人的にはもう少し華やかさが欲しい物です。
グレイテスト・ヒッツ Vol.1(紙ジャケット仕様)
グレイテスト・ヒッツ Vol.1(紙ジャケット仕様)
  • アーチスト: ボブ・ディラン
  • レーベル: Sony Music Direct
  • 価格: ¥ 1,796 (5% OFF)
  • 発売日: 2005/09/21
  • 売上ランキング: 889
  • おすすめ度 4


そしてこのボブディランの存在に代表されるように、60年代も半ばになるとティーンの間でも、もっと言えばアメリカ全体にプロテスト的な発想や失望感・・・というのが出始める。それには様々な要因が絡まってるとは思うが、この頃、いろんな意味でそれまで何もかもが上り調子で負け知らずだったアメリカの社会の神話が少しづつ崩れつつある事に若者に限らず人々が気付き始めたのでは・・・という気がする。

個人的には、元来エゴイスティックである人間がそれを極力表に出さず、かつ快適な生活を送る・・・という最初から矛盾をはらんだシステムを無理やり構築し、その正しさを無理やり信じ込んだ人間達によって構成された社会の歪みが出るべくして出てきた結果・・・という風に思う。

起こるはずのない戦争が起き、差別がなくなって自由を謳歌して満足してるはずの黒人達は、自分達(=白人=国の流れの鍵を握ってる人達)が根本的には一向に差別意識をなくさないせいで不満を溜め込んでおり、輝かしい未来が待ってるはずの若者は徴兵に取られ、素晴しい国を作ってくれるはずの指導者は謀略によって暗殺されたのかもしれない・・・そんなことごとく希望を失うような現実が「地球の歴史上最も豊かで進んだ生活を送ってる人達が住んでいる国」に束になって降り注いだ時期・・・それが60年代だった。

そんな微妙な時期を描いた映画が「ラストパラダイス」。個人的にも偶然テレビでやっていたのを見てこの映画の存在を知ったようなマイナーな映画で、まあ「スタンドバイミー」とか「アメリカングラフティ」のB級版・・・みたいな扱いなのかな・・・。でもこの時代の空気はよく捉えられてると思うし、世間的にこの60年代の失望感溢れる様子を描いたとされる「ビッグウェンズデイ」なんかよりはよく様子が捉えられてる思うんだがなあ・・。

アメリカの田舎町にある若者の溜まり場「ポップス」というドライブインを中心に、主人公の女の子のハイスクール時代の回想によって物語が進んでいく。時期は卒業シーズンで皆それぞれに進む道があり、悩み傷つき・・・と青春映画にありがちなパターンなのだが、劇中のちょっとした出来事や事実に「この頃」を象徴するような小道具が挟み込まれていたりする。

既にベトナム戦争は現地では泥沼化し始め、公民権運動も激化し始め、ケネディが暗殺され、ヒッピー的な若者が出現し始める・・・そんな風に変わっていく日常を少し都合よすぎるが巧みにストーリーに盛り込んでいて、何度見ても面白い映画です。主人公たちがハイスクールに入ったのはまだ「古き良きアメリカ」の時代でケネディが生きていて戦争も始まってなかった・・そして卒業の頃が丁度64年当たりに差し掛かる・・・という設定が何ともにくいです。「卒業」という変化を表すキーワードといろんな事が白日の下に晒され変化しつつある「古き良きアメリカ」・・・というのをうまーくリンクさせているんだと思います。

ビデオは入手困難っぽいけど、テレ東で比較的やる可能性があるので、要チェック・・。個人的には相当オススメ映画です。

それにしてもこのアマゾンのレビュー、間違っちゃいないが、かなり説明不足だ・・。と思ってWEB上で検索してみたらこれまた恐ろしく的外れなレビューを見つけてしまった。単なる青春物・・・と捉えたらこの映画は意味がわからないことだろう。アメリカの政治的な背景、戦後のアメリカ史やロックンロール・・・的な知識がゼロだと楽しめないだろうな。
ラスト・パラダイス 熱い砂浜の戦士たち【字幕版】
  • スタジオ: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 1995/12/21
  • おすすめ度 3


一般的にこの60年代の喪失感を描いた「名作」とされる映画。つまらんかった。
ビッグ・ウェンズデー
ビッグ・ウェンズデー
  • スタジオ: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 1991/06/21
  • 売上ランキング: 3,050
  • おすすめ度 4.6


スポンサーサイト

  • 2015.08.22 Saturday
  • -
  • 11:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
recommend
categories
selected entries
archives
recent comment
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links